キャッシングする際の注意点とは

キャッシングする際の注意点として、大きく申し込み時点、審査時点、借入時点、返済時点に分けて確認していきます。

まず、申し込み時点については、いつまでに借りたいのかによって、申し込み方法や時間帯に気を付けなければなりません。即日融資を標榜する業者があります。もっとも、誰もが申し込んだ当日、融資が受けられるとは限りません。

審査がその日のうちに通り、かつ、ATMが稼働している時間内にローンカードの発行を受けるか、お持ちの銀行口座に振り込みが可能な時間帯までに借り入れの申し込みが完了していなければならないのです。

いつまでにどのタイミングで審査等が完了すれば、即日融資が受けられるかは業者ごとに異なります。そのため、直ぐにお金を借りたい場合には、申込む前にこうした流れと、いつまでに手続きが完了すればいいかを確認しておかなければなりません。

次に審査時点においては、当然ながら誠実に収入や勤務先、借入状況等を届け出る必要があります。信用情報登録機関で確認されてしまうので、作為的な情報を流すと不利になるのです。借入時点においては、直ぐにキャッシングしたい場合、カードを受け取るタイミングや振込み依頼のタイミングに気を付けなければなりません。

キャッシングの審査はどのように行われるのか

消費者金融が提供するキャッシングや銀行のカードローンは、融資も早くとても便利な存在ですが、利用するためには、まずは審査に通過しなくてはいけません。融資を受けるには、担保や保証人の用意は必要ありませんが、その人の信用で借りることとなりますので、返済能力があるかどうかということはとても大切となります。

審査では安定した収入があるかがチェックされることとなりますので、現在の年収や勤続年数も確認されますので、正しく入力しておきましょう。

そして、現在、すでに借り入れのある方の場合は、現在の借り入れ件数についても入力しておきます。他社に借り入れがある場合でも利用できる場合が多いですが、あまりに多額の借り入れがあったり、遅延があると厳しく判定されがちです。

さらに過去に債務整理を行っていたり、返済遅延や不払いがある場合も影響が出てくる可能性もあります。キャッシングの審査基準は業者ごとに違いがあり、厳しくなる場合もあれば、より柔軟に対応してくれる場合もあり、一社で通らなかったからといって、借り入れが利用できないということではありません。

簡易診断なら簡単な入力ですぐに結果がわかりますので、まずはそちらから試してみるのも良いでしょう。

収入の大小は審査にはあまり影響されない

キャッシングの審査において重視される要件というものはいくつかあるんですが、その中でも年収の大小によって審査に受かるかどうかの大きな分かれ道になっているんじゃないかと思われている方は結構多いようです。

しかしこの年収というのはハッキリ言ってキャッシング審査の際にはさほど重要となる場面が少ないという意外な結果となっているんです。

キャッシングの申し込みの時に必ずどれくらいの収入があるのかという記載欄があるかと思いますが、基本的に少額の借入の場合は収入を証明するための書類は必要がない事となっています。となりますとその利用したいと考えている方の本当の収入はどれくらいあるのかということは結局のところ完全に把握することは出来ないということになります。

もちろんキャッシング会社も調べようとすればそれが正しいのかを確認する術はあるのですが、意外と手間隙がかかってしまうことが多いので端折ってしまうケースが多いようなんです。

ですから審査の際に重要な事は収入の額ではなくて、安定して収入があるかないかと言うところが最も大切なポイントとなってくるんです。だからきちんと在籍確認が取れればキャッシングの審査に合格する可能性はグンと上がるといってもいいんじゃないでしょうか。

満足度の高いプロミスのキャッシング

後先考えないキャッシング利用で、返済が追いつかなくなってしまったという経験を持つ方も少なからずいますが消費者金融選びを間違えなければ、そのような事態に陥る事はまず考えられません。大手消費者金融のプロミスでは、必要以上に借入が行なわれる事のないよう、借入前に限度額が設定されます。

限度額を設定する事により、過剰に借り入れる事を未然に防ぐ事が出来ます。限度額は10万円~500万円までで、2回目以降の借入取引からは1万円単位の借入も可能です。初回申込みの際に限度額は決められるのですが、限度額を指定しなければプロミス側が限度額を設定し、提示してくれます。

こういった事の相談はプロミスコールで対応してくれて、借入前にキャッシング相談を受けている方も多いのです。このサービスを受ける事で、キャッシングの疑問点や不安な事を担当オペレーターとのやり取りで解消する事が出来ます。

もちろん無料で行なわれているサービスですし、会員でなくても利用可能です。

プロミスで提供されているフリーキャッシングは、生計費として使用する場合にのみ借入可能で事業費決済などに借入金を利用する場合などは、フリーキャッシングでは借入不可となりますから注意が必要です。
女性も使えるプロミス